石膏ボード

投稿日:2018年03月26日

こんばんわ。

建築大工課のマヨラーです。

 

今回は、安くて丈夫で使いやすい、石膏ボードについて解説します。

石膏ボードとは、石膏を主成分としていますが、
実は意外と種類が多いのです。

では、どのサイズ、厚みを利用すれば良いのでしょうか??

 

石膏ボードとは?? 種類や厚み、サイズについて

石膏ボード

 

石膏ボードとは、一般的に壁や床に使われる建築材料です。
値段が安く、断熱性や遮音性にも優れています。

石膏ボードとプラスターボードは同じ商品です。

意外と種類が豊富で、

  • 凡用石膏ボード(タイガーボード)
  • タイガー防水ボード
  • 強化石膏ボード
  • 化粧石膏ボード
  • 等など・・・

上記が一般的に多く使われている種類になります。

タイガーボードとは??

タイガーボードって有名で聞いたことある人が多いと思いますが、実は、吉野石膏の商品名です。石膏ボードは吉野石膏が圧倒的シェアしていて、唯一、対抗しているのが、チヨダウーテという会社です。

 

最も標準タイプの石膏ボードです。※JIS A6901該当商品

準不燃と不燃があり、準不燃が9.5mm、不燃が12.5mmです。

サイズは、
3×6(910×1820mm)
3×8(910×2420mm)
3×9(910×2730mm)
メーター(1000×2000mm)

があります。※一部、4×8もあります。

リフォーム等で使う場合は、壁12.5mm、天井9.5mmの3×6で良いでしょう。
施工箇所や状況に応じて、3×8を使うこともあると思います。

3×8の場合は、1枚で床から天井までの長さを確保できるので施工が楽になります。
タイガー防水ボード

防水処理済みの石膏ボードです。※JIS A6901 GB-S該当商品

日本は、湿気が多い国ですが、防止ボードを使うことで、曲がりやクネリを抑えます。

厚みは、9.5mmと12.5mmがあり、

サイズは、
3×6(910×1820mm)
3×8(910×2420mm)
3×9(910×2730mm)

があります。

台所や洗面所にの壁や天井に適しています。

不燃防水ボードもあります。
強化石膏ボード

耐火性能を強化した石膏ボードです。※JIS A69014 GB-F該当商品

石膏の芯にガラス繊維を加えることで、耐火性能をUPさせています。
建築基準法の防火区域や準耐火の壁・天井などで使用します。

厚みは、12.5mm、15mm、21mmの3種類あります。

サイズは、12.5と15mmは
3×6(910×1820mm)
3×8(910×2420mm)
3×9(910×2730mm)があります。

21mmは、
2×6(606×1820mm)
2×8(606×2420mm)
2×9(606×2730mm)
があります。

 

天井や壁等には多く使われます。

 

新入生が入るので自覚を持って日々精進していきます。

 

2018年3月26日 投稿|     
各店舗のご案内