バルコニー手すり

投稿日:2018年07月13日

こんにちは、設計工事課の八木です。

埼玉の実家に帰ったときのことです。

久しぶりに近くの公園に行ったときに、「あれ?」と思うことがありました。

 

 

昔とは何かが変わっていて違和感があったのですが、

何だかわかりますか?

 

 

正解は、「ベランダの手すり」です!

 

私が子どもの頃は下の写真のような手すりで、まさに「昭和のザ・団地」でした。

 

 

それが横スリットの手すりに変わるだけでシャープで洗練された印象になっていました。

築40年以上の古い建物なのですが、

手すりひとつ変わるだけで印象がガラッと変わるものだな、と思いました。

 

もちろん、それは一戸建ての家にも当てはまります。

バルコニーの手すりをスリット状にするだけで良いアクセントになります。

 

 

 

見た目に加えて、風が通りやすいというメリットもあります。

ご新築の際は「バルコニーの手すり」にこだわってみてはいかがでしょうか?

2018年7月13日 投稿|     
各店舗のご案内