住宅省エネルギー技術講習

投稿日:2018年12月08日

こんにちは!

今回は住宅省エネルギー後術講習の模様を報告します。

日本では温暖化問題や大震災を契機としたエネルギー制約に直面しており、

エネルギー使用における低炭素型の社会をつくることが課題となっています。

住宅においては夏の日射や冬の寒さの中での快適さや、

光熱費の節約、インフラが途絶えたときの備えとして等、

省エネルギー性能の向上が求められています。

 

 

テキストを基に省エネ基準の評価方法の種類を教わり、

演習問題で実際に計算をしてきました。

通常はパソコンで数値を入力していくと結果が出るのですが、

その数式(仕組み)を理解していくような内容でした。

 

 

住宅のゼロエネルギー化が義務化へ向かっている中、

今回学んだことを活かして、より一層快適な住生活を提供できるようにしていこうと思います。

2018年12月8日 投稿|     
各店舗のご案内