在来工法

投稿日:2019年05月27日

建築大工養成課の蓮です。

今回は、在来工法について紹介します。

家の骨組みと言われて私達が思い浮かべる、柱、筋交い、梁で構成されたあの光景。「これぞ、日本の家」とも言うべきものは、在来工法によって造られた建物です。大手ハウスメーカーから一人大工の工務店まで、おそらく、最も多く採用されている工法です。

日本の住宅の多くを占める、在来工法の建物。日本の風土に合わせて考えられた建築方法は、根強い文化として、廃ることなく現代に受け継がれています。

一方で、在来工法における様々な『匠の技』は、近年、工場での加工に取って代わり、施工精度の均一化が図られました。

今も昔も変わらぬ快適さと、近代化と研究成果によって得たさらなる耐久性。これらを兼ね備えた在来工法による住宅は、これからも我が国のスタンダードであり続けることでしょう。

2019年5月27日 投稿|     
各店舗のご案内