投稿日:2020年10月16日

世界最古の木造建築と言われれば、中国に有ると思われる方もいるかも知れませんが、

実は日本に有ります。奈良県生駒郡斑鳩町にある「法隆寺」になります

最も古い五重塔の建築から1300年以上の歴史があります。

現在でも残った原因の一つに、現在でも明らかにされていない耐震構造が有ります。

中央部の独立した柱が何らかの形で揺れを抑える説、

各層が蛇のようにくねくねと揺れてバランスを取る説など諸説があります。

そんな法隆寺を守り抜いた職人達のことも忘れてはいけません。

寺の西側には宮大工が代々住んでいた地区があり、

世代を超えて技術を受け継ぎながら修繕や点検を行ってきたのです。

現在の建物にも、その技・考え方を受け継ぎ新たな建築を考えたいと思います。

2020年10月16日 投稿|     
各店舗のご案内