コラム Column

トップページ コラム 住宅ローンの種類や金利タイプはどんなものがある?栃木の工務店が解説します

住宅ローンの種類や金利タイプはどんなものがある?栃木の工務店が解説します

マイホームを検討する際に、必ず検討しなければいけない項目の一つとして予算があります。

特に支払いに関しては、ライフプランにも影響するため、比較検討をするなど慎重になるものです。

 

今回は、住宅ローンの種類や金利タイプはどんなものがあるのかを解説します。

 

 

住宅ローンの種類

最初にどんな住宅ローンがあるかを紹介します。

 

大きく3つのローンに分けられます。しかし財形住宅融資以外の窓口は、銀行や信用金庫などの金融機関になります。不動産会社による提携ローンも検討するとよいでしょう。

 

 

【フラット35】

【フラット35】は、「全期間固定型」という返済期間中は借入時の金利が全く変わらないといった特徴のローンです。

住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によるもので、銀行や信用金庫、ネット銀行、生命保険会社、労働金庫など多くの金融機関が窓口になっています。このため、金融機関ごとに金利や手数料が異なるため注意が必要です。

 

出典:【フラット35】が選ばれる4つのメリット

 

 

 

民間金融機関のローン

銀行や信用金庫など民間金融機関による独自の住宅ローンがあります。

 

「変動型」や「固定期間選択型」、「全期間固定型」を用意する銀行があるなど、各金融機関や住宅ローン自体それぞれ違っています。

 

金利についても金融機関によって異なり、一定の条件を満たしていると引き下げになるなど、店頭金利より低い金利で借りられる場合も少なくありません。

 

不動産会社と民間金融機関による「提携ローン」は、不動産会社が窓口になるためローンの審査や借り入れの手続きを進めやすいというメリットがあります。

 

 

モデルハウスや現地見学の際に、担当者へ尋ねてみるとよいでしょう。

 

 

財形住宅融資

日本で唯一の厚生労働大臣登録の福利厚生会社が運営しており、企業の社内住宅融資制度のアウトソーシング先として全国約10,000社の企業と提携しています。

 

勤務先で財形貯蓄を1年以上続け、貯蓄残高が50万円以上あるなどの条件を満たした人が利用できるものです。

財形住宅融資は申込み時に当初5年間の金利が決まります。

それ以降は、5年ごとに金利を見直す住宅ローンです。

 

 

最高4,000万円で財形貯蓄残高の10倍まで借入れが可能です。中小企業向け特別金利や子育て支援特例金利、災害特例融資など、公的融資ならではの特長があります。

 

出典:財形住宅金融株式会社/財住金の特長

 

 

 

金利タイプ

住宅ローンの金利には「変動型」「全期間固定金利型」「固定期間選択型」など、いくつかの種類があります。

 

金利タイプの選び方で、返済計画が変わってきます。

それぞれの金利の特徴を知り、検討していくようにしましょう。

 

 

 

変動型

変動金利とは、市場金利に連動して借入期間中に適用される金利が定期的に変動する金利タイプです。

借入後は、半年に一度金利の見直しをし、月々の返済額を5年ごとに見直すのが一般的です。

 

 

全期間固定金利型

全期間固定金利型とは、借入時の金利が返済開始から終了まで固定されている金利タイプです。

毎回の返済額や総返済額が借入時点で確定しますが、変動型と比較して金利は高めです。

 

しかし、借入期間中は金利が変動しないため、ライフプランが立てやすいといった安心感があります。

 

 

固定期間選択型

固定期間選択型は、借入時に選定した期間は金利が固定されるといったタイプです。

例えば、3年間や5年間といった年単位で固定をし、その後は変動型にする、固定期間を再度選定するなど再設定します。

 

金融機関やそれぞれの住宅ローンによって条件が異なるため、事前に確認をする必要があります。

 

 

 

利用した金利タイプ調査

住宅ローンを利用した人は、どんな金利タイプを利用したのでしょうか?気になるところです。

 

ここでは、住宅金融支援機構による調査データを元に解説します。

出典:住宅金融支援機構/住宅ローン利用者の実態調査

 

 

 

 

変動金利を利用する人がまだまだ多い

 

全体の約7割近くが変動型を利用しています。過去3年(2019~2022年)でもっとも低い数値結果でも約6割(2019年度1回/59.0%)です。

 

 

 

固定期間選択型の当初の金利固定期間

 

全体の約半数が10年超を選択しています。続いて10年となり、合わせると約8割です。

データでは、この傾向に大きな変化はなさそうです。

 

 

 

全期間固定型では【フラット35】を利用するケースが多い

 

全期間固定型の商品内訳では、【フラット35】を利用するケースが多く、約7割前後という結果となりました。

【フラット35】は、公的な住宅ローンです。民間金融機関とは異なる体制でメリットがあるといえます。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、住宅ローンの種類や金利タイプはどんなものがあるのかを解説しました。

ご自身にあったタイプを選定することをおすすめします。

 

しかし、はじめての家づくりや住まい探しは、わからないことが多く、戸惑うことばかりかもしれません。

理想の住まいづくりは、親身になって総合的に考える、家づくりのパートナーが必要です。

 

 

 

木の花ホームでは、「ずっと、いい家」をコンセプトとし、家に関するさまざまなお悩みを解決するプロフェッショナルが揃っています。

 

今回、紹介しました住宅ローンや金利タイプについてはもちろん、土地探し、設計など、どんなことでも結構です。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

建設予定の注文住宅を、平面2Dの出来上がりイメージ図と設計図ではなく、わかりやすい3Dでご確認いただけます!

木の花ホームでは、建物のあらゆる細部をCGパースでモデル化する最新設計手法のBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)システムを導入しています。

 

そのため、家を建てる前に、立体的な3Dの家をバーチャルで建て、PCやタブレットで、ご確認いただけます。

3Dは、建物も家の中も隅々まで見渡すことができるため、

家の様子や完成イメージがわきやすく、欲しい機能と予算とのバランスにも寄与するかもしれません。

BIMは「建てる前に建てられる」ので、完成イメージが湧きやすく、

注文住宅で起こりがちな「こんなはずじゃなかった。。。」を、防ぐことができます。

↓↓↓お気軽にお問い合わせください!

木の花ホーム/デジタルスタジオ 

TEL:0282-92-0198  平日:予約制  営業時間:9:00~18:00

 

 

 

外観や室内の様子が、バーチャルで、すぐに体感できます!

木の花ホームでは、家の中を仮想空間で疑似体験できるように、VRモデルハウスをHPで、公開しています。

外観や1階、2階の室内などそれぞれのシーンをご覧いただけます。

 

そのため、ご自宅でも、家づくりのイメージがしやすく、お楽しみいただけます。

木の花ホーム・商品ラインナップ/VRモデルハウスを搭載中!

最新記事

アーカイブ

来場予約 資料請求 LINE相談