コラム Column

トップページ コラム シンプルな平屋でコンパクトな心地よい暮らし|おしゃれな外観や間取りづくりについて解説

シンプルな平屋でコンパクトな心地よい暮らし|おしゃれな外観や間取りづくりについて解説

 

平屋はワンフロアで快適な暮らしができる家として、幅広い世帯の方に注目されています。

屋根や外壁など外観にこだわると、平屋はスタイリッシュな家にもかわいい家にもデザインできます。

 

こちらの記事では「家族がいつまでも快適に暮らせる平屋を建てたい」とお考えの方に、家族のライフスタイルの変化にも対応できるシンプルな平屋の家づくりについて解説します。

注文住宅の平屋の外観や間取りづくりのポイントについても見ていきましょう。

 

シンプルな平屋はどんな暮らし?

 

シンプルな平屋は、一人暮らし、夫婦二人、子育て世帯など幅広いご家族の暮らしに合った家です。

ご家族での暮らしなら、30坪およそ100㎡の家が多く選ばれています。

30坪の平屋なら、3人〜4人家族の暮らしにピッタリで、2LDK〜4LDKの多彩な間取りに対応可能です。

 

シンプルな平屋の価格相場

シンプルな平屋の価格相場をご紹介しましょう。

費用を抑えたローコスト住宅と一般的な住宅の2パターンがあります。

 

1,000万円以下

 

ローコスト住宅では、坪単価30万円〜で平屋を建てることができ、20坪以下の小さい平屋なら1,000万円以下で建築できます。

ローコスト住宅とは、材料費や人件費、広告費の無駄を省き、規格の建材や設備、間取りで建てる家です。

間取りやデザイン性の自由度は低くなりますが、できるだけ費用を抑えたい方におすすめです。

 

基本的に設備などは低いグレードのものが選ばれており、断熱性や気密性、耐久性など住宅性能が低い傾向にあります。

長く住む場合には、将来的なメンテナンスの費用がかかり、トータルでのコストが割高になることに注意しながらプランを立てていきましょう。

 

2,000万円~

 

平屋は基礎部分の面積が広く、屋根や外壁の面積が広いため、2階建てで同じ延べ床面積の家を建てるよりも建築費用が高くなります。

 

資材の値上がりや施工会社、設備のグレードによって大きく変わりますが、一般的な平屋は坪単価60万円〜70万円で2,000万円前後です。

リビングを明るく開放的にするために中庭やテラスを設けたり、グレードの高い設備を選ぶと3,000万円前後は必要でしょう。

 

シンプルな平屋のおしゃれな外観づくり

平屋は凹凸を減らして、四角いシンプルな形にすると建材費や建築費が抑えられます。

おしゃれな平屋にするためには「屋根」「窓」「外壁」の形や素材選びが、外観の印象を決める大切なポイントです。

フェンスや玄関前のアプローチなど外構と建物もトータルでコーディネートして、平屋の外観づくりをしていきましょう。

 

屋根

 

平屋の屋根では、四角い建物の形を活かす陸屋根、スタイリッシュな片流れ屋根、なだらかな傾斜の切妻屋根が人気です。

 

金属製のガルバリウム鋼板の素材を選べば、シャープな印象になり、またサビにくく30年〜の耐久性があります。

瓦屋根を採用すると四角い単調な平屋が、ナチュラルな温かい印象になり、北欧風や南欧風のかわいいお家のイメージにも。

瓦屋根は、耐久性があり遮音性にも優れた素材です。

 

 

平屋の窓は、窓の位置、形、大きさの設計が重要で、室内の快適性や外からの見た目に大きくかかわります。

 

平屋の窓には、人が出入りできる大きさの掃き出し窓を設置しやすく、大きな窓は採光性に優れ、明るく風通しの良い部屋になるでしょう。

また、掃き出し窓は中庭に出入りしやすく、冷蔵庫やソファ、ピアノなど大きな家具の搬入・搬出にも便利です。

災害時には、玄関以外の避難経路を確保できます。

 

道路に接した面は、防犯性に配慮して大きな窓は避け、小さく細長い窓を設置すると、窓からの視線も気にならないでしょう。

 

外壁

 

平屋の外壁の色や素材選びも重要で、色ではホワイト、グレー、ネイビー、ブラックが人気です。

さわやかさや洗練された雰囲気を色で表現してみてください。

外壁をブルーやグリーン、ホワイトのカラーにして、屋根とトータルコーディネートすると南欧風や北欧風の家づくりが実現します。

また、外壁の色は遮熱性にもかかわり、ブラックやネイビーは光を吸収しやすく高温になりやすいため注意が必要です。

 

さらに、外壁の素材には金属系、窯業系、塗り壁、木材、タイルなどがあります。

素材によって、金属系サイディングのガルバリウム素材ならアメリカンスタイル、レンガや木材など自然素材ならナチュラルで優しい雰囲気になるでしょう。

 

外構

 

家の正面や家の周りの外構も建物とトータルで考えていきます。

家の正面の門柱を建物に合わせて幅を広く取ると、家の印象が変わるだけでなく、外からの視線をさえぎることができ、室内環境が快適になります。

 

また、家の前のアプローチ、フェンスや庭木、エクステリア照明、駐車場のカーポートを合わせて設計していきましょう。

アプローチにレンガやタイルの素材を使ったり、家の周りに埋没スポットライトを埋め込むと家の印象がガラリと変わります。

埋没スポットライトは、夜の駐車スペースの目印にもなります。

 

シンプルな平屋の間取りづくりのポイント

シンプルな平屋を快適な住まいにする間取りづくりのポイントを見ていきましょう。

 

収納を充実させる

 

コンパクトな平屋で、すっきりと整頓された室内にするためには、計画的な収納設計が重要です。

収納をできるだけまとめ、パントリー、ファミリークローゼットなどを検討してみましょう。

収納をまとめると居室部分を広くすることができ、快適な暮らしになります。

 

動線をコンパクトにまとめる

 

平屋の一番のメリットは、階段の移動がなく、動線がコンパクトにまとまり家事や生活がしやすいことです。

平屋を暮らしやすい住まいにするためには、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の水回りを1ヵ所のエリアにまとめましょう。

水回りは寝室の近くにあると便利ですが、音への配慮が大切です。

 

また、洗濯の「洗う」「干す」「たたむ」といった作業を1ヵ所で行えるランドリールームも家事の効率化におすすめできます。

 

開放感を重視する

 

平屋は、天井を高くすると室内空間に広がりが出て、開放的な空間になります。

片流れ屋根や切妻屋根の傾斜を利用して、ロフトやスキップフロア、吹き抜けなどをつくると、家族のコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

ロフトは子供部屋や、収納にも利用できます。

 

また、ウッドデッキやテラスを設けてリビングとつなげると、横の広がりが出て、明るくリラックスできる空間になるでしょう。

 

防犯性を高める

 

平屋には、1階建てであるため防犯面や、外からの視線というプライバシー面での弱点があります。

採光、防犯性、プライバシー、外観を意識して窓や玄関ドアの設計をすることが大切です。

 

将来的な暮らしを考える

 

いつまでも快適な住まいにするためには、将来的な暮らしを考えておく必要があります。

 

家に住み始めてからの定期的なメンテナンスやライフスタイルの変化について考えておきましょう。

平屋は外壁や屋根のメンテナンスをする場合でも、足場を設置しなくても良いためメンテナンスの費用が抑えられます。

初期費用とランニングコストを合わせて、プランニングすることをおすすめします。

 

また、家族のライフスタイルの変化にも対応できる間取りづくりをしておくと理想的です。

在宅ワークのための個室が必要な場合や、家族の人数が減る場合には部屋数の調整をしたくなるものです。

室内を壁で仕切らず、間仕切りを可動式のものにしておくと、さまざまなケースに対応できます。

 

まとめ

 

こちらのコラムでは、シンプルな平屋の外観や間取りづくりについて見てきました。

外観は屋根、外壁、窓、外構をトータルでコーディネートすると平屋がおしゃれになります。

形状や色とともに素材の特性も理解して、設計していきましょう。

 

また、平屋は「収納」「動線」「開放感」「防犯性」「将来の暮らし」を考えることが大切です。

シンプルな平屋の価格相場もご参考に、ライフスタイルの変化にも寄り添い、快適な暮らしになる平屋をつくってください。

 

木の花ホームでは、長年の建築経験や豊富な技術をもとに、快適な家づくりをご提案しています。

お客様の暮らしに寄り添い、人生を豊かにするため、人にも建物にも優しい家づくりをしています。

注文住宅のマイホームをお考えでしたら、大工が支える木の花ホームにぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

最新記事

アーカイブ

来場予約 資料請求 LINE相談